HOME > 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」展のご案内

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」展のご案内

静嘉堂文庫美術館にて「あこがれの明清絵画展」が下記の通り開催されます。
静嘉堂がコレクションしている明清の名品を鑑賞できる貴重な機会です。
会期中には解説会や講演会も企画されていますので、是非お誘い合わせの上、足をお運びください。

会 期 2017年10月28日(土)〜12月17日(日)
休館日:毎週月曜日
AM10:00〜PM4:30(入場はPM4:00まで)
入館料 一般1,000円、大高生700円(20名以上団体割引)
中学生以下無料
会 場 静嘉堂文庫美術館
[ 詳細・アクセス ] http://www.seikado.or.jp/
【特別協力】 公益財団法人泉屋博古館


静嘉堂の中国・明清絵画コレクションは、質量ともに国内有数のコレクションとして知られています。深遠な山水図から愛らしい猫まで多様な様相をみせる明清時代(1368~1912)の作品は、江戸時代以降の日本でも多くの画家たちの憧れの的でした。本展では、その中から日本の画家に多大な影響を与えた沈南蘋しんなんびんの代表作など、日本が愛した中国絵画の名品を精選し展示いたします。
 
パンフレット(PDF)

書跡の優品も特別公開!
張瑞図「草書五言律詩」
明〜清時代(17世紀)
王鐸「臨王徽之得信帖」
清時代(1649)

関連イベント情報
【泉屋博古館分館との連携企画講演会!】
本展は泉屋博古館分館にて開催の特別展「典雅と奇想―明末清初の中国名画 展」(11 月 3 日〜12 月 10 日)との連携企画です。
【特別協力】公益財団法人泉屋博古館

@〜Bともに午前 11 時より地下講堂にて開催 定員 120 名様(当日午前 10 時より整理券配布 1 名様につき 1 枚限定)

@11 月 4 日(土)河野元昭(静嘉堂文庫美術館館長)「ネコ好き館長による猫 の絵画史」
A11 月 19 日(日)板倉聖哲氏(東京大学東洋文化研究所・情報学環教授)「豊 かなる明末清初の絵画-倣古と奇想」
B11 月 25 日(土)燒リ聖雨氏(大東文化大学教授)・ 富田淳氏(東京国立博物館学芸企画部部長)対談 「明末清初の書-連綿趣味の魅力を語る」

関連イベント情報
展示内容・作品についてゲストと館長が解説します。(展示室にて)
[ 午前11時から ] 11月11日(土)ゲスト:塚本麿充氏(東京大学東洋文化研究所 准教授)
12月2日(土) 館長 河野元昭
[ 午後2時から ] 12月7日(木)・12月14日(木)館長 河野元昭
お得な前売り券は、入館料通常価格 1,000 円のところ 800 円で販売しております。
前売り券販売期間は 2017/10/27(金) 23:59 まで にてお買い求めください。